包茎というだけで、引け目を感じてしまう男性は多いでしょう。
包茎と聞くと特別な症状だと思ってしまい、家族や友達に相談するのも難しいはずです。
そういう意味では、ED(勃起不全)と似ているのかもしれません。
しかし、包茎人口は非常に多いもので、日本人の60%は軽い症状とはいえ、包茎という実情があるのです。
ペニスがむけていなくても恥ずかしいことではありません。
確かに海外では、「恥ずかしい」という認識を持たれる方が圧倒的に多いため、子どものころに「割礼」をしてしまうことが多いです。
これに対して日本は遅れているので、大人になるまでは包茎治療をしないのが普通です。
もっとも、クリニック側でも「20歳以上から考えればいい」と話しておりますので、子どものころに治療するという習慣はないのです。
大人になると成長が止まるはずですので、いよいよ包茎治療をするタイミングです。
実際に治療を受けた方は、「ペニスのニオイが激減した」と答えているのです。
常にむけていることで雑菌が繁殖しにくく、恥垢があまり溜まらないのです。
何より、入浴したときにシャワーでカンタンに洗うことができますから、衛生的にも大きなメリットがあるのです。
包茎ですと、包皮の内側がかゆくなることが多々あるでしょう。
雑菌の固まりが存在するので当然のことかもしれません。
包茎治療をしてしまえば、固まりのような恥垢が発生することもなく、ペニスが非常に快適になります。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>