包茎治療を受けた方はきっと私と同じ考えかもしれませんが包茎治療を受ける前と受けた後では精神的なゆとりが大きく違います。

もちろん見た目が全く違うのは当たり前のことですが見た目の違いよりも包茎治療によって包茎から解放されたことに対する精神的な安堵感や安心感の方が大きいです。
包茎治療を受ける前は包茎でない人と一緒に風呂や温泉に入る事がとっても嫌でした。
何となくですが精神的な圧迫というか実際にはそうでないのかもしれませんが包茎であることをどこかで笑われているのではないかという気持ちに悩まされて入浴時間をずらして人がいないときに入ろうとかしていました。
といっても風呂や温泉程度ではそんなにまじまじお互いの陰茎を眺めることもなかったのですが問題は彼女との裸のつき合いです。
これは逃げようもありません。
幸いに「ぞうさん」とか良いながら笑っていたぐらいでしたが包茎である私はそれでも恥ずかしい思いでいっぱいでした。
彼女にはそんな気持ちはないのでしょうがなんとなく馬鹿にされているように感じたからです。
早漏であることも包茎のせいにしていましたが何の解決にもなりません。
一生包茎でいることは嫌でしたので思い切って包茎治療を受けました。
包茎ではなくなった途端に明らかに自分の中に自信がみなぎって来るのが分かりました。
公衆浴場でも堂々と露出して歩けますし入浴も出来ます。
時間帯を気にする必要もありません。
彼女との裸のつき合いでもなんら気兼ねなく露出できますし彼女からもぞうさんと言われることもなくなりました。
なんといってもセックスに対して貪欲になれ自信がついたのが嬉しかったです。